読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカコラム

VEGANコラム ベジタリアンじゃなくてヴィーガンです◎

私がVEGANになったわけ

f:id:mokarako:20170311132349j:plain

 

 

VEGANになったきっかけ…

 

 

どのヴィーガンの方も動物が好き、環境を守りたい、と願う優しい方だと思うのですが、私の過去を今考えると本当にとんでもないな…と自分で思います。

 

ヴィーガンになるいきさつを詳細に語りたいと思います。

 

 

まず私はヴィーガンになる前からもともと肉の害や屠殺の残虐性を知っていました。母親が健康マニアということもあり、テレビでは流されない本当の情報に触れる機会がたくさんあったのです。その中で、食肉用の家畜の屠殺や肉の有害性についての情報も知っていたし、動画をみたこともありました。

 

 

だけど当時のわたしは「お肉を食べないなんてありえない」という思考でしたし、そういった動画でひどい目に遭わされている動物たちと、スーパーに並んでいる色鮮やかなお肉、ハムやベーコンなどの加工肉、卵、乳製品が、私の中でどうしても一致しなかったのです。

屠殺されているのがとても非現実的に感じていました。

 

本当は真逆で、スーパーやコンビニなど目に触れるきれいに見えるお肉の方が非現実的すぎるのだと今になってはわかるのですが…

 

 

だからその情報を知っていても、焼肉もしゃぶしゃぶも行っていました。

毎日の朝ごはんは、パン、厚切りベーコン、スクランブルエッグ、ヨーグルト、、、

好きな食べ物は、餃子とアメリカンドックとチョコミントアイスクリームでした。

 

 

もはや今は全て食べていませんし、食べたいとも思いません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉の残虐性について知っていたのにveganになれなかった私を変えてくれたのは、アメリカ人のいとこでした。彼女と3年ぶりくらいにあったらveganになっていたんです。彼女を前にしても、アメリカにいたときの私はなおも、アメリカンサイズのステーキやホットドックなど毎日毎日食べていました。だけど彼女が難なく肉を食べない生活をしているのに興味が湧いて、日本に帰ってきてから、「私にもできるかも…やってみようかな」と思って始めたのが本格的なスタートのきっかけです。

 

よくveganの人で、「YouTubeで屠殺の映像を見てから肉が食べられなくなった」とか「VEGANの人のスピーチを聞いて次の日から動物を食べるのをやめた」と言っている方が多いのですが、私は、たぶんそうした方たちの数十倍、いや数百倍の時間をかけてVEGANになっています。

 

だから「肉食べないなんて私には絶対にできない」とか、「乳製品や卵も食べないなんてありえない」と言って、どんなに情報や知識を聞いても菜食に踏み切れない人の気持ちがものすごくわかるのです。私がそうだったからね!

 

だけどびっくり!これがただの思い込みなのです。

目の前でそれを簡単にやってのける人がいると、自分のその勝手な思い込みも外れて簡単にできてしまいますよ♪これは菜食に限らずなんでもそうですが…!

 

何度も言うようですが、

私は毎日、肉と卵を食べていたし、ヨーグルトや、バターや牛乳入りのパンだって菓子パンだって、何も気にせずに食べていたんですよ〜

それに好きな食べ物は、アイスクリームに餃子にアメリカンドック…

 

そんな人間が半年で、その食品に見向きもしなくなりました!すごい!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

食事が変わると嗜好も、思考も、変わるんです。

 

好きな食べ物も食べたいと思うものも変わる。

 

そして、アイスクリームやハンバーガーを見ても、「これを食べるんだったらVEGANのアイスクリームやハンバーガーの店に行こう。全部植物性のものでできるのだからわざわざ動物を使ったものを食べる必要はない」って考えられるようになりました。

 

本当に、人間変わったなーと自分で思う!

 

 

食事って毎日のことだから、ここを変えると、あなた丸ごと変わっちゃいますよー☆